20代30代の逆流性食道炎の原因・・・

おはようございます。

成田 鍼灸整体腰痛肩こり 「総合治療 よしなが治療院」です!

皆様は「逆流性食道炎」って名前を聞いたことがありますか?
通常、食道は唾液によりアルカリ性、胃は胃酸によって酸性に保たれています。
そこに、胃酸や食べたものが食道に逆流してきて、食道に炎症がおこったものです。

症状としては、胸やけや胃もたれ、胃痛など、様々な症状を引き起こします。

で、この逆流性食道炎は高齢者がかかる病気(症状)と言われていたのですが、最近では若年層に多くみられる症状となりました。

その原因が、皮肉にも「ピロリ菌」の保有率が減ったから!?と言うのが一因だそうです。

ピロリ菌とは「ヘリコバクターピロリ」と言う、人の胃の中に生息する細菌で、胃潰瘍・胃癌・十二指腸潰瘍・慢性胃炎の原因と言われる細菌です。

しかしこの「ピロリ菌」は、胃酸のPhを下げる働きがあるため、逆流による食道の炎症がひどくならなくする側面もあるそうです。

病院では逆流性食道炎より胃癌や胃潰瘍のリスクを下げるために「ピロリ菌」の除菌が勧められます。

胃癌のリスクより、胸焼け・胃もたれの方が、まだましですからね・・・・

しかし、皮肉なもんですな~

yahoo!ニュースにわかりやすく載っていたのでこちらからどうぞ



広告
タグ: , , , , , , , , , , ,
カテゴリー: おもしろ雑学, ピロリ菌と逆流性食道炎の微妙な関係
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。