自賠責保険(交通事故保険) について

鍼灸治療院での自賠責保険

(交通事故保険)

交通事故で受傷した場合、病院にて発行される診断書を管轄の警察署に提出することで、人身事故としての取り扱いとなります。

人身事故の場合、自動車損害賠償保障法の中で、人身傷害保険金損害基準額・第1 傷害による損害・1.積極損害(2)治療関係費・i 柔道整復師等の費用に、『免許を有する柔道整復師、あんま・マッサージ・指圧師、はり師、きゅう師が行う施術費用は、必要かつ妥当な実費とする。』と、記載がありますので対象となります。

交通事故保険の場合、健康保険(健康保険法)とは異なりますので、病院での治療・リハビリと、はりきゅう治療を同時に受けても問題ありません。

治療費のお支払いも、毎回、窓口で治療費をお支払いいただき、その領収書をもって、患者様から保険会社に請求していただくことも可能ですが、保険会社担当者に「委任払・一括請求で、お願いします。」と言って、当院の連絡先を伝えていただければ、保険会社より当院に電話及び、書類の郵送があり、当院より保険会社に治療費の請求を直接いたしますので、窓口でのお支払は必要ありません。

※交通事故保険(自賠責・任意)で鍼灸治療をご希望の場合は、人身事故になっている必要があります。物損事故扱いのみの場合は、保険会社担当より「鍼灸は出せません」と言われることが多いです。

※人身事故扱いとは・・・事故当初、警察に事故の届け出をします。ここまでで、後日の事故証明が取得可能となります。その後病院を受診し、診断書をもって警察署に”人身事故の届け出”をすると、再度の現場検証があり、人身事故として扱われます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。